本文へスキップ

鹿児島県垂水市の観光・物産の情報の発信基地

メールでのお問い合わせはinfo@tarumizuya.jp

〒891-2103 鹿児島県垂水市市木107-1

ロードマップ詳細detail

ロードマップ1 垂水出発 桜島-喜入基地-指宿-山川 枕崎 コース

垂水よりR220号線を北上左手にかんぱちの養殖を眺めながら桜島のT地路にぶつかり左桜島港へ向かう。
溶岩道路を約10分ほど走ると龍神の湯で有名な古里観光ホテルや温泉旅館を見ながら
桜島港の桜島フェリーに乗船750cc以上で560円と割安。
フェリーの中の売店はうどんと雑貨お菓子を少量販売しているがうどんはテレビに出ただけ狙い目だ。

下船して看板どうりに指宿を目指す。
R225号線を東郡元町で左折、産業道路で指宿を目指す。

しばらくイオンなど左右に大型電化店などを眺めながらR226号線へ。
途中錦江湾を左に見ながら快走する。
日石喜入基地を過ぎると道の駅 喜入が休憩ポイントここは温泉施設もあり、ゆっくりしたい場所。
約30分ほど走ると道の駅いぶすき。

ここの奥に展望台が有り結構な見晴らしが素晴らしい春前には綺麗な景色が広がるだろう。
桜島・喜入基地・山川方面・雲が無ければ霧島連山・大隅高隅連峰なかなかである。

R226号線~R269号線で山川の道の駅も足を延ばす。
垂水から約150キロ、三時間の行程

ロードマップ


ロードマップ 概要

時間・距離 約6時間 250~300キロ
コース概要 桜島に始まり、喜入基地・指宿・山川から枕崎といぶすき方面を満喫できるコースです
出発地 垂水港
目的地 指宿 枕崎
グルメ情報 さかなや食堂のごはんお替わりが輝く!試飲出来ないのが残念ですが、薩摩酒造の酒蔵
立ち寄り湯 いぶすきと言ったら温泉。もちろん砂蒸し温泉を忘れてはいけません。
オーナーの一言 日石喜入基地を過ぎると道の駅 喜入が休憩ポイントここは温泉施設もあり、ゆっくりしたい場所。
約30分ほど走ると道の駅いぶすき。
ここの奥に展望台が有り結構な見晴らしが素晴らしい春前には綺麗な景色が広がるだろう。
桜島・喜入基地・山川方面・雲が無ければ霧島連山・大隅高隅連峰なかなかである。

R226号線~R269号線で山川の道の駅も足を延ばす。ここは半島が回り込んでいるために船のドッグには都
合の良い場所見たいだ。
かつおの商品が並ぶ結構安い有りがたいことに試食たくさんである。

山川を後にして枕崎を目指す。
長崎鼻・フラワーパークなどの観光地を左手に見ながらR226号線を走ると目の前に開聞岳が迫って来る壮観
である。なかなか見れない雄大な景色だ。
この道路沿いには
「白波」の薩摩酒造の酒蔵が見える。寄って行きたいな・・と思いながら枕崎である。

さかなセンターで昼食。
さかなや食堂成るものがオープンしていた。結構食わせる店でご飯お変わり無料が輝いたが・・

さかなセンターを後にしてR226号線~R225号線でR270号線に寄り道道の駅きんぽうを目指す。なかなか
ハイペースでちょいとしたワイデングだが田舎道 老人の飛び出しにはきを付けたい。
道の駅を後にして左折して県道31号に入りR225号線に戻り川辺から指宿スカイラインのワイデングを走る。
結構ペースが速いスーパースポーツならともかく30年選手のバイクだとキツイ九州自動車道の前あたりだと
下り一方でしんどいと思うのは私だけか・・料金所で・・ETCが使えないので気をつけよう。

高速で一路、国分インターへ。高速を降りて垂水への帰路に着く。

総走行距離約250キロ~300キロ
時間約6時間 結構一日コースである。
美味いもんは・・やはり枕崎のカツオ料理だ。
カツオラーメンのうわさをチラホラ耳にするが・・一回食べねば・・
忘れてならないのは温泉・それも砂蒸し・・話のネタに一回は入りたい。